気持ちの晴れない控訴審の執行猶予-「窃盗初犯への実刑」破棄

 実刑判決を不服として控訴した刑事裁判で、狙った通りの執行猶予判決が出ました。ですが、気持ちは晴れません。
 この事件は、若い男性が、以前勤めていた会社に深夜忍び込み、15万円ほどの現金を盗んだというものでした。男性は初犯で「自首」こそ成立しないものの、自分から警察に出頭していました。事実に争いはなく、余罪もなく、法廷でも、きちんと反省の言葉を述べたので、執行猶予を予想していました。
 それが、一審はまさかの実刑判決でした。
 男性は、ずっと非正規社員として働いていましたが、不況の影響もあって事件まで半年ほど仕事に就くことができず、一方でパチンコにはまって、盗みに手を染めてしまいました。当てにできる唯一の家族である男性の母親も非正規社員で、その日暮らしといってもいいほどの低賃金でした。2人ともお金がなく、すぐに弁償することはできません。やむなく男性は逮捕直後、元勤務先に謝罪の手紙を送り「裁判後に働いて必ず返します」と約束しました。
 しかし一審判決は、弁済の意思を疑ったのか、返済の裏付けがないことを重視して、男性に直ちに刑務所へ行けと言ったのです。
 私は、この判決にどうしても納得することができず、東京高裁に事情を説明し引き続き控訴審の国選弁護人に就きました。自分の意思で控訴審の国選弁護を買って出たのは初めてでした。
 控訴審での弁護活動は、男性の母親に再度頼み込みなけなしの貯金から3万円を借り被害弁済の一部に充てたことくらいで、大したことはできませんでした。
 しかし東京高裁もさすがに過酷だと思ったのでしょう、実刑判決を破棄してくれました。男性は半年ぶりに身柄拘束(未決勾留)から解放されました。
 裁判所は、法律で定められた範囲で自由に刑罰を定めることができます。とはいうものの、犯罪の類型や被害の程度、前科のあるなし等によって、宣告される量刑には「相場」が形成されています。
 男性には、前科はおろか少年時代の非行歴もなく、学校では生徒会の役員を務めるなど真面目な生活を送ってきた人でした。被害は少ないとはいえないものの、決して多額とは言えず、過去の裁判例を検索しても、この手の窃盗の初犯で実刑判決が出ている例は見つかりませんでした。実際、男性は取り調べの警察官からも「執行猶予が付くから、しっかりやり直せ」と言われていたのです。
 窃盗は財産に対する犯罪なので、財産に対する被害回復のあるなしが量刑を左右すること自体は、当然のことだとは思います。
 ですが、窃盗という、だれもが手を染める可能性のある犯罪で、被害額も決して多額とは言えず、弁済を約束している初犯の被告人に、一度も社会内でやり直す機会を与えなくてもいいんだという割り切った一審裁判所の考えには、共感することはできません。
 こういう裁判官が毎日、人を裁いているかと思うと、控訴した1件に執行猶予が付いたくらいでは、とても喜ぶ気分になれません。(北神英典)
.20 2010 刑事事件 comment0 trackback0

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://yokohamagodo.blog130.fc2.com/tb.php/12-6a9a82dd