年金違憲裁判提訴!

1 2015年7月15日,神奈川でも年金引下げ違憲裁判が提訴されました。
  本件は,2013年12月4日,厚生労働大臣の国民年金・厚生年金保険の各年金減額決定により,年金受給額を減らされた原 告たちが,その減額決定の違憲性・違法性を争っている事件です。

2 ところで,国民年金制度は,国民年金法の1条に「国民年金制度の目的」として「国民年金制度は,日本国憲法第25条第2項に規定する理念に基づき,老齢,生涯または死亡によって国民生活の安定がそこなわれることを国民の共同連帯によって防止し,もって健全な国民生活の維持及び向上に寄与することを目的とする」と規定されています。 
つまり,年金制度は,憲法25条「健康で文化的な最低限度の生活」を国民に保障するため,憲法25条の具体化として作られた制度です。
  ですから,政府は,本来ならば,「年金」だけで,健康で文化的な最低限度の生活が送れるような年金制度を構築しなければならないはずです。
  しかし,現実には,国民年金だけを受給している方は,月額7万円程度の年金しか受領していません。
  低額の国民年金だけで生活している年金生活者の中には,食事の回数を一日3回から2回にしたり,暑くてもエアコンは使わないなど水光熱費を節約し,少ない食費の中から,8%の消費税を支払って,ぎりぎりの生活を送っている人も存在します。こういう人は,病気になっても治療費が支払えないので,病気になったらもう一人では暮らせないのです。

3 また,現在年金を受給している方は,現役時代に「今からこれだけの年金を支払えば,引退した後,これだけの年金が受給できます。若いときに苦労するか,年をとってから苦労するか,貴方が選ぶことができます。」といわれて,必死で年金保険料を納めてきたはずです。
  ところが,実際に年金を受給できる年齢になったら,昔にした約束は反故にされてしまう,こんなことが許されるのでしょうか。
  私たちは憲法29条で財産権が保障されています。このような年金支給額の引き下げは,憲法29条に違反するものといえます。
  現実に、政府の答弁でも、既裁定者(すでに年金をもらっている人)の年金の受給権は憲法29条に保証される財産権である、とされています。
  とすれば、この、憲法上保障された「年金権」を制限するには、これを制限するには後述の通り,これを後の法律で減額することは、それが合理的な制約として容認されるべきと認められない限り,許されない(憲法29条、最高裁大法廷昭和53年7月12日判決)。

4 このような年金制度の改悪に対して,年金者組合が中心となって,全国で,12万人以上の方が年金引下げに対する審査請求・再審査請求運動が取り組まれました。
  この運動に取り組んだ方が原告となり,2015年2月には全国に先駆けて鳥取において24名を原告として,年金引下げ違憲訴訟が提訴されました。
  鳥取に続き,徳島・札幌・山口・島根が同様の訴訟を提訴し,5月29日には,東京など全国一斉の提訴がなされました。

5 年金受給額の引き下げの問題を考えるとき,最も重要な事実は,この問題は,世代間の対立の問題ではない,ということです。
  政府は,概ね「受給世代とそれを支える世代のバランスが悪すぎる。それに年寄りはたくさん金を持っている。だから,年よりは若者の負担を減らすために,年金が減らされても文句を言うな。年金制度を持続させるためには,年寄りが増えたらその分一人当たりの年金を減らしていかなければならないのだ。」といったような説明をしています。
しかし,そもそも年金制度は,政府が温情的に我々に与えてくれたものではなく,憲法25条の生存権の具体化として作られた制度です。
とすれば政府は,まず憲法25条の規定に則って年金を国民に支給しなければならないことが第一義的に求められ,そのための財源については別に考えなければならないのです。すなわち,金がある分に限って,国民に分けてあげるのだ,という政府や現役世代による「恩恵」の制度ではなく,我々が憲法25条で補償された健康で文化的な最低限度の生活を送る「権利」を全うできる制度を構築しなければならないという憲法上の「権利」に基づく「政府の義務」なのです。

6 このような意義に基づき,神奈川では255人の年金受給者が立ちあがり,7月15日,横浜地方裁判所に,年金引下げ違憲訴訟を提訴しました。
  この弁護団は,弁護団長として増本一彦弁護士を迎え,代理人名簿には総勢71人が名を連ねています。
  年金制度は,世代間格差の問題ではなく,憲法25条の生存権,憲法29条の財産権の問題です。すなわち,国民すべてが,豊かで人間らしい暮らしを送ることができるかどうかという問題です。

  皆様の大きなお力添えをどうかよろしくお願いいたします。
(弁護士高橋由美)
.29 2015 社会保障 comment0 trackback0
 HOME