スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

「これが守秘義務違反?」 目に余る裁判所の裁判員報道介入

 新聞報道で感じていましたが、裁判員経験者の記者会見に対する裁判所の介入には、目に余るものがあります。私が所属している人権NGOで、今年9月までに全国の地方裁判所が作成した内部報告文書の開示を受けて、その思いをさらに強くしました。
 裁判員裁判の事件で判決が言い渡された後、裁判員と補充裁判員の経験者のうち、希望者が記者会見に臨み「感想」を話しています。ところが裁判所は、職員を記者会見に立ち会わせさせ、守秘義務違反の可能性のあるやり取りがあれば、その場で答えるのをやめさせたり、記者に質問を変えさせたり、やり取り自体がなかったことにさせたりしています。
 裁判員経験者には、例えば性犯罪被害者の住所・名前など「職務上知り得た秘密」ばかりでなく、どのような議論を経て判決に至ったのか「評議」の内容を話すことについても、刑罰付きの守秘義務が課されます。この義務は死ぬまで負い続けます。
 「感想」や「意見」を話すことは市民として当然の表現行為であって、自由なはずです。問題は「評議の秘密」との境界が極めてあいまいで、取り締まろうとする側の恣意的な判断に流れがちな点にあります。
 裁判員経験者に違反をさせてはならないと、裁判所は、職員が立ち会うことを絶対条件に記者会見の便宜を図っています。そこで、滑稽な「指導」が繰り広げられています。
 最高裁判所が、全国の地方裁判所から集めさせた指導事例の報告書には、本当にこんな発言が守秘義務違反なのかと突っ込みを入れたくなるほど、ナンセンスな裁判所の感覚がにじみ出ています。
 「判決に納得していますか」という記者の質問に、総務課長が「裁判員に判決の当否を問うことは、裁判の公正に対する信頼を著しく害する恐れがある」と指摘したら、記者は質問をやめた、とするさいたま地裁の報告。「真の原因は被告人に友達がいなかったことにある」との裁判員経験者の発言を報道した記者に、この発言は守秘義務違反であると警告したとする青森地裁の報告。「裁判官だけなら××(伏せ字)になった可能性があり、自分たちが参加した意義があった」と述べた裁判員経験者の発言について、記者会見の後記者を集めて「できれば記事にするのは遠慮願いたい」とくぎを刺したが、記事が出たと問題提起する静岡地裁の報告。
 判決に否定的な意見を述べた裁判員経験者の言葉には「レッドカード」を乱発し、「判決が妥当である」との裁判員経験者の発言について「話の流れの中で自分の感想という形でされた発言なので特に守秘義務違反とは考えていない」(名古屋地裁)とするなど、判決に肯定的な感想は素通しするという裁判所の基本姿勢が透けて見えます。
 賛否両論が対立する中でスタートした裁判員裁判の問題点を適切に判断するためには、私は、裁判員経験者一人ひとりの率直な感想や意見が明らかにされることが欠かせないと考えています。それを「検閲」するかのような裁判所の姿勢には疑問を抑えることができません。(北神英典)
スポンサーサイト
.18 2010 刑事事件 comment0 trackback0

「勘違い」のキスに20日間の身柄拘束 良識疑う捜査と刑事司法

 知り合いから「友人の息子が逮捕されてしまった」との連絡を受けた。
 その青年は現在21歳。母子家庭のため自分で学費を稼いで夜間高校を卒業,その後も,先輩からしごきにあっても真面目に働き続け,若いながらも大手飲食チェーン店の店主に抜擢された。家族仲も良く,健全な市民である。
 ところが,初対面の高校生の女の子が自分に好意を抱いてくれたと思いこみ,キスをしてしまったのだ。その青年は店長としてアルバイト店員採用面接の時に,面接に来た女の子を緊張させないようにと軽い話をしたとのこと。面接を受ける女の子は当然のことながら話を合わせざるを得ない。これを自分に好意があると勘違いしたというのだから青年のキスは身勝手としか言いようがない。女の子は大きな衝撃を受けただろうし,青年の側に非があることは間違いがない。
 しかし,これを強制わいせつ罪だとして,裁判所から逮捕令状までとり,身柄を拘束して,国家が刑事事件として取り締まらなければならないのだろうか。
 強制わいせつ行為は深刻な被害を与える場合もあり,その時には刑事事件として厳しく処罰しなければならない。とはいうものの被害者の意に沿わないキス(形式的には強制わいせつ罪に該当するとされている)をすべて警察が取り締まり,検察庁で勾留までして,裁判にして前科まで付けてしまおうのは,健全な社会とは言えないと思う。
 捜査能力の低下に苦しむ警察は,被害者の供述のみで事件処理が可能な(しかも被害者の供述がデタラメであっても裁判所が有罪にしてくれる実績が沢山あるので)強制わいせつ罪に力を注ぎ,その存在価値を示しているのである。
 そして,起訴・不起訴を決定する権限を独占している検察庁は、警察の敷いたレールに乗ってそのまま加害者を起訴し,裁判所も無批判に有罪にする。良識に基づいた司法判断はどこにもない。マスコミも、被害者の声ばかりを取り上げるので,世間も被害者の側に同情を寄せがちとなる。
 青年に前科が付いてしまうのを避けるためには,被害者に示談に応じてもらい告訴を取り下げてもらうしかない。そこで、やむなく被害者に多額(結婚生活5年の夫婦が離婚する場合の慰謝料額と同じくらい)の賠償金を支払って,ようやく青年は身柄拘束を解かれた。そして青年は勤務先も解雇されたのであった。(小口千惠子)
.11 2010 刑事事件 comment0 trackback0

気持ちの晴れない控訴審の執行猶予-「窃盗初犯への実刑」破棄

 実刑判決を不服として控訴した刑事裁判で、狙った通りの執行猶予判決が出ました。ですが、気持ちは晴れません。
 この事件は、若い男性が、以前勤めていた会社に深夜忍び込み、15万円ほどの現金を盗んだというものでした。男性は初犯で「自首」こそ成立しないものの、自分から警察に出頭していました。事実に争いはなく、余罪もなく、法廷でも、きちんと反省の言葉を述べたので、執行猶予を予想していました。
 それが、一審はまさかの実刑判決でした。
 男性は、ずっと非正規社員として働いていましたが、不況の影響もあって事件まで半年ほど仕事に就くことができず、一方でパチンコにはまって、盗みに手を染めてしまいました。当てにできる唯一の家族である男性の母親も非正規社員で、その日暮らしといってもいいほどの低賃金でした。2人ともお金がなく、すぐに弁償することはできません。やむなく男性は逮捕直後、元勤務先に謝罪の手紙を送り「裁判後に働いて必ず返します」と約束しました。
 しかし一審判決は、弁済の意思を疑ったのか、返済の裏付けがないことを重視して、男性に直ちに刑務所へ行けと言ったのです。
 私は、この判決にどうしても納得することができず、東京高裁に事情を説明し引き続き控訴審の国選弁護人に就きました。自分の意思で控訴審の国選弁護を買って出たのは初めてでした。
 控訴審での弁護活動は、男性の母親に再度頼み込みなけなしの貯金から3万円を借り被害弁済の一部に充てたことくらいで、大したことはできませんでした。
 しかし東京高裁もさすがに過酷だと思ったのでしょう、実刑判決を破棄してくれました。男性は半年ぶりに身柄拘束(未決勾留)から解放されました。
 裁判所は、法律で定められた範囲で自由に刑罰を定めることができます。とはいうものの、犯罪の類型や被害の程度、前科のあるなし等によって、宣告される量刑には「相場」が形成されています。
 男性には、前科はおろか少年時代の非行歴もなく、学校では生徒会の役員を務めるなど真面目な生活を送ってきた人でした。被害は少ないとはいえないものの、決して多額とは言えず、過去の裁判例を検索しても、この手の窃盗の初犯で実刑判決が出ている例は見つかりませんでした。実際、男性は取り調べの警察官からも「執行猶予が付くから、しっかりやり直せ」と言われていたのです。
 窃盗は財産に対する犯罪なので、財産に対する被害回復のあるなしが量刑を左右すること自体は、当然のことだとは思います。
 ですが、窃盗という、だれもが手を染める可能性のある犯罪で、被害額も決して多額とは言えず、弁済を約束している初犯の被告人に、一度も社会内でやり直す機会を与えなくてもいいんだという割り切った一審裁判所の考えには、共感することはできません。
 こういう裁判官が毎日、人を裁いているかと思うと、控訴した1件に執行猶予が付いたくらいでは、とても喜ぶ気分になれません。(北神英典)
.20 2010 刑事事件 comment0 trackback0
 HOME 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。