濫用の危険!違法ダウンロード罪 10月から改正法施行

 著作権法改正が国会で成立した。本年(2012年)10月1日から施行される。最大の問題は私的違法ダウンロード罪の創設(著作権法119条3項の新設)である。
 著作権を侵害する違法ダウンロードは従前から禁止されているが,10月1日からはこれが刑事罰付きとなる。罰は懲役2年以下,罰金200万円以下と重い。併科されることもある。
 さて皆さんが例えばYoutubeやニコニコ動画などから音楽,画像をパソコンやスマートフォンにダウンロードして聞いているとしよう。これは現在でも違法行為にあたる場合が多いことはご存知だろうか。世の中の文書,音楽,映像などには著作権が存在しないものの方が少ないともいえる。問題は著作権者の許諾があるかどうかだが,当然ネット上にそんな表示はない。
 今後この件の取り締まりは,刑事罰対象なのであるから,警察が行うこととなる。例えば,街でちょっと警察官から職務質問を受けたとする。パソコンの中を見せてくれなどと強く言われ,見せたところ違法ダウンロードをした音楽等が入っていたとしよう。違法だとは知らなかったという抗弁は恐らく通らない。特にダウンロードソフトが入っているようなパソコン等は要注意である。もちろん著作権者の告訴が処罰の条件であるとされているが,警察が著作権者に働きかけて告訴をさせることなどいとも簡単である。
 著作権侵害を防止する施策は他にいくらでも考えられる。他方で何が著作権侵害の対象かどうか一般市民は正確に知らされていない。今回,国会では審議もほとんどなされなかった。違法ダウンロード罪は当初の政府提案にはなく,自民党公明党の修正案部分にあるのだが,衆議院では修正案提案当日すぐに採決された。参議院でもわずか1日参考人質疑が行われただけ。国民の日常のネット利用に関する法律について,国民的議論も何もなく何と拙速なことだろうか。
 いきなり今回刑事罰を導入することで,警察は違法ダウンロードを直裁に取り締まる権限を得た。警察は,軽犯罪法や屋外広告物条例,道路交通法などを濫用して市民がちょっと政治的なビラを配ったり貼ったくらいで逮捕しているほどであるから,こんな警察にさらに便利な取り締まりの道具をさしあげたようなものである。日本はますます警察国家になってきたと思った方がいい。
 この改正に反対したのは,政党としては共産党,社民党だけである。民主党からはわずか1名だけ造反が出た。賛否の別は参議院のホームページを参照されたい。(中村宏)
.24 2012 警察 comment0 trackback0
 HOME